亡くなった作家の人々

Page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

1968-11-13 

作家。愛称は「トーマ」

命日:1970年 1月1日 享年:63 

尾崎紅葉 

作家

命日:1903年 10月30日 享年:35 死因:胃がん 

アントン・チェーホフ 

ロシアの作家、劇作家

命日:1904年 7月15日 享年:44 死因:結核 

国木田独歩 

明治期の作家、詩人、ジャーナリスト

命日:1908年 6月23日 享年:36 死因:肺結核 

二葉亭四迷 

明治期の作家

命日:1909年 5月10日 享年:44 死因:結核 

ジャック・フットレル 

アメリカのジャーナリスト・小説家・推理作家。タイタニック号の沈没により死亡

命日:1912年 4月15日 享年:37 死因:沈没 

伊藤左千夫 

作家、歌人

命日:1913年 7月30日 享年:49 死因:脳溢血 

有島武郎 

作家

命日:1923年 6月9日 享年:45 死因:心中自殺 

大杉栄 

思想家、作家、社会運動家、アナキスト。憲兵大尉甘粕正彦によって殺害される

命日:1923年 9月16日 享年:38 死因:絞殺 

フランツ・カフカ 

作家

命日:1924年 6月3日 享年:40 死因:喉頭結核 

芥川龍之介 

作家

命日:1927年 7月24日 享年:35 死因:自殺 

葛西善蔵 

作家

命日:1928年 7月23日 享年:40 死因:肺結核 

小山内薫 

作家、日本の新劇の先駆者

命日:1928年 12月25日 享年:47 死因:動脈瘤 

渡辺温 

推理作家、幻想作家

命日:1930年 2月10日 享年:27 死因:交通事故 

小林多喜二 

プロレタリア文学の作家、「蟹工船」、特高警察の拷問により殺害された

命日:1933年 2月20日 享年:30 死因:拷問 

宮沢賢治 

詩人、童話作家

命日:1933年 9月21日 享年:37 死因:肺結核 

直木三十五 

作家

命日:1934年 2月24日 享年:43 死因:腹膜炎 

長谷川海太郎 

作家。林不忘、牧逸馬、谷譲次の3つのペンネームを使い分けて活躍

命日:1935年 6月29日 享年:35 死因:喘息の発作 

夢野久作 

作家、日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる「ドグラ・マグラ」などを著す

命日:1936年 3月11日 享年:47 死因:脳溢血 

岡本かの子 

作家、歌人、岡本一平の妻、岡本太郎の母

命日:1939年 2月18日 享年:49 死因:脳溢血 

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ 

フランスの作家、パイロット

命日:1944年 7月31日 享年:44 死因:墜落 

小栗虫太郎 

推理作家、推理小説の三大奇書の一つ『黒死館殺人事件』を著す

命日:1946年 2月10日 享年:44 死因:脳溢血 

織田作之助 

作家

命日:1947年 1月10日 享年:32 死因:結核 

太宰治 

作家

命日:1948年 6月13日 享年:38 死因:自殺 

原民喜 

作家、広島原爆で被爆し「夏の花」などの作を残す

命日:1951年 3月13日 享年:45 死因:自殺 

Page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16