1948年に亡くなった人々

Page : 1

今村明恒 

地震学者。関東大震災を予測し「地震の神様」と呼ばれた。

命日:1948年 1月1日 享年:77 

出口王仁三郎 

宗教家、大本教の実質上の創始者

命日:1948年 1月19日 享年:76 

川島芳子 

清朝粛親王の王女、日本軍に協力し「東洋のジャンヌ・ダルク」などと呼ばれる、国民政府に捕り処刑された

命日:1948年 3月25日 享年:40 死因:銃殺 

太宰治 

作家

命日:1948年 6月13日 享年:38 死因:自殺 

岡本一平 

漫画家、岡本かの子の夫、岡本太郎の父

命日:1948年 10月11日 享年:62 死因:脳出血 

板垣征四郎 

昭和期の陸軍軍人。満州国軍政部最高顧問、関東軍参謀長、陸軍大臣などを務めた。東京裁判でA級戦犯として死刑判決を受けた。

命日:1948年 12月23日 享年:59 死因:死刑 

木村兵太郎  

昭和期の陸軍軍人、陸軍大将。東京裁判でA級戦犯として死刑判決を受けた。

命日:1948年 12月23日 享年:60 死因:死刑 

土肥原賢二  

昭和期の陸軍軍人、陸軍大将。謀略部門のトップとして満州国建国及び華北分離工作で暗躍。東京裁判でA級戦犯として死刑判決を受けた。

命日:1948年 12月23日 享年:65 死因:死刑 

武藤章  

昭和期の陸軍軍人、陸軍中将。東京裁判で捕虜虐待の罪で死刑判決を受けた。

命日:1948年 12月23日 享年:53 死因:死刑 

松井石根  

昭和期の陸軍軍人、陸軍大将。東京裁判で南京大虐殺の責任を問われて死刑判決を受けた。

命日:1948年 12月23日 享年:70 死因:死刑 

広田弘毅  

日本の外交官、政治家。第32代内閣総理大臣。東京裁判でA級戦犯として死刑判決を受けた。

命日:1948年 12月23日 享年:70 死因:死刑 

Page : 1