銃殺で亡くなった人々

Page : 1

横川省三 

明治期の新聞記者。日露戦争時、ロシア軍に捕縛され銃殺刑に処される。

命日:1904年 4月21日 享年:38 死因:銃殺 

川島芳子 

清朝粛親王の王女、日本軍に協力し「東洋のジャンヌ・ダルク」などと呼ばれる、国民政府に捕り処刑された

命日:1948年 3月25日 享年:40 死因:銃殺 

チェ・ゲバラ 

革命家、ゲリラ指導者

命日:1967年 10月9日 享年:39 死因:銃殺 

ニコラエ・チャウシェスク 

ルーマニアの政治家

命日:1989年 12月25日 享年:71 死因:銃殺 

エレナ・チャウシェスク 

ニコラエ・チャウシェスクの妻

命日:1989年 12月25日 享年:70 死因:銃殺 

Page : 1


銃殺とは

銃殺(じゅうさつ)、または射殺(しゃさつ)とは、銃を用いて主に人間の命を絶つこと。 「銃殺」は、特に「銃殺刑」を執行する場合を指すこともある。他方、「射殺」は動物や人間を撃ち殺す行為一般を指し、弓などを含む飛び道具全般について用いることができる。銃殺刑でない場合は、戦争行為も含めて後に殺人罪として刑罰に問われる事が通常である。 (参照:銃殺刑) 日本における銃器死者の記述(記録上の鉄砲の実戦使用)は、16世紀中頃の天文19年(1550年)7月14日、洛中の合戦で三好長慶軍の部将三好弓介の与力1人が細川晴元軍の鉄砲に当たって死亡したのが文献上の初見とされる。 その後明治から昭和にかけて政治家に対する突発的な銃殺事件が増えた。伊藤博文暗殺や、五・一五事件、二・二六事件などが挙げられる。 脚注 関連項目 銃社会 銃規制 刑罰の一覧 敵前逃亡 - 銃殺理由の一つde:Erschießung#Genickschussfi:Ampuminen。

Wikipedia - 銃殺より