轢死で亡くなった人々

Page : 1

下山定則 

初代国鉄総裁、謎の死を遂げ「下山事件」と呼ばれる

命日:1949年 7月6日 享年:47 死因:轢死 

Page : 1


轢死とは

轢死(れきし)とは、車両等の移動装置の通行に巻き込まれ、車輪などの下敷きになって死亡する事である。 これらの状況における死因の多くは、移動する装置表面に衝突した事による打撲と重量物が上を通過した事による圧搾であるが、鉄道車両のように硬くて細い接触面しかない車輪による轢死の場合は、切断される事もある。押し潰されるために破損が激しく、また周囲に肉体組織片が散乱する事も多く、非常に凄惨な状況になる。 力学上では、肉体上を通過する車輪に掛かる重量と接地面積により破損状況は異なるが、直接轢かれた部分以外でも、車両底部への接触・衝突により、様々な傷を負う事もあるため、得てして轢死した死体の破損状況は、非常に広範囲に及ぶ。 鉄道における轢死 鉄道事故の場合、列車は自動車に比べてはるかに重量が重いうえ、制動力が低く急停車しても衝突時の速度は自動車ほど下げることができず、さらに接触面が硬く細いため、衝突を受けた人の肉体に与えられる運動エネルギーと圧力は自動車とは比べ物にならないほど大きい。

Wikipedia - 轢死より