自殺で亡くなった人々

Page : 1 2 3 4 5

藤村操 

北海道出身の華厳滝で自殺し、遺書「巌頭之感」で有名になるた旧制一高の学生

命日:1903年 5月22日 享年:17 死因:自殺 

松井須磨子 

新劇女優

命日:1919年 1月5日 享年:32 死因:自殺 

有島武郎 

作家

命日:1923年 6月9日 享年:45 死因:心中自殺 

芥川龍之介 

作家

命日:1927年 7月24日 享年:35 死因:自殺 

都井睦雄 

殺人犯、「津山三十人殺し」の犯人

命日:1938年 5月21日 享年:22 死因:自殺 

関屋敏子 

声楽家、作曲家。

命日:1941年 11月23日 享年:37 死因:自殺 

アドルフ・ヒトラー  

ナチスの総統。ポーランドへ侵攻し第二次世界大戦を引き起こした。

命日:1945年 4月30日 享年:56 死因:自殺 

ハインリヒ・ヒムラー 

ドイツナチス親衛隊の第4代親衛隊全国指導者。ユダヤ人のホロコーストを組織的に実行した。

命日:1945年 5月23日 享年:44 死因:自殺 

大西瀧治郎 

旧日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。神風特別攻撃隊の編成を行った

命日:1945年 8月16日 享年:54 死因:自殺 

太宰治 

作家

命日:1948年 6月13日 享年:38 死因:自殺 

山崎晃嗣 

東大生、闇金融業「光クラブ」を起こすが破産して自殺

命日:1949年 11月24日 享年:26 死因:自殺 

原民喜 

作家、広島原爆で被爆し「夏の花」などの作を残す

命日:1951年 3月13日 享年:45 死因:自殺 

アラン・チューリング 

イギリスの数学者、現代計算機科学の父

命日:1954年 6月7日 享年:41 死因:自殺 

谷山豊 

学者、「谷山・志村予想」などの業績

命日:1958年 11月17日 享年:31 死因:自殺 

山口二矢 

右翼活動家、浅沼稲次郎刺殺事件の犯人

命日:1960年 11月2日 享年:17 死因:自殺 

岸上大作 

歌人

命日:1960年 12月5日 享年:21 死因:自殺 

由比忠之進 

佐藤栄作首相のベトナム戦争問題、沖縄返還問題への対応に抗議し首相官邸前で焼身自殺を遂げる

命日:1967年 11月12日 享年:73 死因:焼身自殺 

円谷幸吉 

マラソン選手

命日:1968年 1月9日 享年:27 死因:自殺 

高野悦子 

大学生、遺著『二十歳の原点』で知られる

命日:1969年 6月24日 享年:20 死因:自殺 

三島由紀夫 

作家

命日:1970年 11月25日 享年:45 死因:割腹自殺 

森田必勝 

三島由紀夫の「楯の会」の一員

命日:1970年 11月25日 享年:25 死因:割腹自殺 

森恒夫 

連合赤軍中央委員会委員長

命日:1973年 1月1日 享年:28 死因:自殺 

杉山登志 

CMディレクター

命日:1973年 12月12日 享年:37 死因:自殺 

船本洲治 

左翼活動家、米軍嘉手納基地の前で焼身自殺

命日:1975年 6月25日 享年:29 死因:焼身自殺 

笠原政則 

田中角栄の秘書、ロッキード事件の重要参考人

命日:1976年 8月1日 享年:42 死因:自殺 

Page : 1 2 3 4 5


自殺とは

自殺(じさつ、英: suicide)とは、自分で自身の命を断つこと。自害、自死、自決、自尽、自裁などともいい、状況や用途で表現を使い分ける場合がある。疾病や人間関係などの解決しがたい問題から逃れるために死を選択しようとする状態を自殺願望、具体的な理由はないが漠然と死を願う状態を希死念慮と使い分ける事がある。 WHOは、世界では毎年80万人が自殺しており、世界の自殺の75%は低中所得国で起こり、各国で自殺は死因の10位以内に入り、特に15~29歳の年代では2位になっている(2012年)と報告している。 自殺は様々な要因が複雑に関与して生じる。高所得国における主な原因は、精神疾患(特にうつ病とアルコール乱用)であり、ほか金銭的問題、人間関係の破綻、慢性痛や病気などがある。WHOは「自殺は、そのほとんどが防ぐことのできる社会的な問題である」とし、適切な防止策を打てば自殺が防止できる(Suicides are preventable)としている。

Wikipedia - 自殺より