腎臓がんで亡くなった人々

Page : 1

中上健次 

作家

命日:1992年 8月12日 享年:46 死因:腎臓がん 

山口春樹 

日刊スポーツ新聞社顧問

命日:2006年 10月6日 享年:58 死因:腎臓がん 

池田晶子 

文筆家

命日:2007年 2月23日 享年:47 死因:腎臓がん 

鴨志田穣 

フリーカメラマン

命日:2007年 3月20日 享年:43 死因:腎臓がん 

宇宿允人 

日本の指揮者

命日:2011年 3月5日 享年:77 死因:腎臓がん 

Page : 1


腎臓がんとは

腎臓がん(じんぞうがん、英語:kidney cancer)は腎臓に発生する悪性新生物のこと。特に腎細胞癌を指すことも多いが、以下のような組織型のものがある。 分類 腎細胞癌(腎癌、グラヴィッツ腫瘍、Grawitz腫瘍) 腎細胞癌(じんさいぼうがん)は、腎臓の尿細管上皮細胞の腺癌。 症状 繰り返す肉眼的血尿が認められる。繰り返す肉眼的血尿を間欠的肉眼的血尿という。腎血管を圧迫して腎血管性高血圧を示すこともある。 統計 男女比は3:1。 症状 間欠的血尿は約50%の症例で認められる。 歴史 ドイツの病理学者グラヴィッツによって詳述された。 尿路上皮癌(腎盂癌) 腎盂・腎杯の上皮より生ずる癌腫。成人では腎細胞癌と共に頻度が高い。 腎芽腫(ウィルムス腫瘍、Wilms腫瘍) 小児に特有の腫瘍。 他にも、頻度は稀であるが平滑筋肉腫ほか様々な組織型のがんが生じることがある。 腎臓がんは男性に多く発症し、50~60代が好発年齢とされる。また腎不全のために人工透析を長期に渡って受けている患者は腎臓がんになるリスクが上がることが知られている。

Wikipedia - 腎臓がんより