肺水腫で亡くなった人々

Page : 1

尾崎豊 

ミュージシャン

命日:1992年 4月25日 享年:26 死因:肺水腫 

Page : 1


肺水腫とは

肺水腫(はいすいしゅ、pulmonary edema)とは、肺の実質(気管支、肺胞)に水分が染みだして溜まった状態をいう。溜まった水分により呼吸が障害され、呼吸不全に陥る。 肺にはガス交換のための毛細血管が無数に走っている。毛細血管には元々小さな穴が開いており、血液中の水分(血漿)が血管外に染みだして灌流することにより、周囲の細胞に酸素や栄養分を補給し、老廃物を回収している。正常な状態では染み出す量と戻る量はつり合っているが、何らかの原因でバランスが崩れて染み出す量が上回ると、細胞のまわりは水浸しになり、やがて肺胞や気管支に水が溜まっていく。この状態が肺水腫である。 原因 肺水腫になるメカニズムには主に心臓疾患を原因とする内因性と外傷等を原因とする外因性がある。 内因性には3つの原因が考えられる。 血管内圧の上昇 毛細血管の内圧が上昇して、水分が外に押し出される状態。左心不全や僧帽弁狭窄症などが原因となる。 血漿膠質浸透圧の低下 血液中のタンパク質(アルブミン)が減少することにより血管内に水分を留めておけなくなり、血管外に流出する状態。

Wikipedia - 肺水腫より