肺気腫で亡くなった人々

Page : 1

ロバート・A・ハインライン 

アメリカのSF作家

命日:1988年 5月8日 享年:80 死因:肺気腫 

森塚敏 

劇団青年座座長・俳優

命日:2006年 6月19日 享年:79 死因:肺気腫 

仲谷昇 

俳優

命日:2006年 11月16日 享年:77 死因:肺気腫 

山口俊夫 

東京大学名誉教授

命日:2007年 12月12日 享年:79 死因:肺気腫 

Page : 1


肺気腫とは

肺気腫(はいきしゅ、Pulmonary emphysema)とは閉塞性肺疾患の一種で肺胞壁の破壊的変化を伴う疾患である。気道や終末細気管支から末梢にかけての含気区域が異常に拡大する病態を示し、中年以降の男性に多く発症し喫煙との関係が深い 。近年増加傾向にある。なお、進行は緩慢ではあるが、放置するとさらに肺性心に移行する。まれに肺気腫がさらに拡張しブラと呼ばれる状態になり、さらに重篤な呼吸器機能障害に陥る事もある。 原因 加齢 - 中年以降に多く発症 過度の喫煙 性別 - 男2.5:女1の割合 大気汚染・有毒ガス…カドミウム等で確認 急減圧また、慢性気管支炎との関係も疑われている。 症状 主訴 - 咳、痰、運動時の息切れ、喘鳴、動悸、浮腫等が見られる。 身体所見 - 呼気性の呼吸困難からのチアノーゼを呈し、不安感や意識障害を併発することもある。聴診ではラ音、鼓音(過共鳴音)を、視診ではビア樽状胸郭やばち指を診る。気管短縮(short trachea)、胸鎖乳突筋の肥大もみられる。上述の症状により嚥下障害が起こる場合や食欲不振(神経性無食欲症なのかどうかまでは不明)による栄養失調により体重減少が起こる場合もある。

Wikipedia - 肺気腫より