肺がんで亡くなった人々

Page : 1 2 3 4 5

青木雄二 

作家、エッセイスト

命日:2003年 9月5日 享年:58 死因:肺がん 

江見俊太郎 

俳優

命日:2003年 11月17日 享年:80 死因:肺がん 

清水秀男 

舞踊家

命日:2003年 11月23日 享年:82 死因:肺がん 

石浜恒夫 

作家、作詞家

命日:2004年 1月9日 享年:80 死因:肺がん 

山本明夫 

巨人グラウンドキーパー

命日:2004年 1月9日 享年:60 死因:肺がん 

青木富夫 

俳優

命日:2004年 1月24日 享年:80 死因:肺がん 

手塚しげお 

歌手、俳優

命日:2004年 2月4日 享年:62 死因:肺がん 

林醇一 

元東宝芸能副社長

命日:2004年 2月22日 享年:74 死因:肺がん 

渡辺範彦 

ギタリスト

命日:2004年 2月29日 享年:56 死因:肺がん 

石田智 

ダニー飯田とパラダイスキング元メンバー

命日:2004年 4月3日 享年:76 死因:肺がん 

峰純子 

ジャズ歌手

命日:2004年 6月17日 享年:58 死因:肺がん 

早坂茂三 

政治評論家

命日:2004年 6月20日 享年:73 死因:肺がん 

広岡敬一 

風俗ライター

命日:2004年 6月21日 享年:82 死因:肺がん 

星セント 

漫才師。1970年代に一世を風靡した漫才コンビ「星セント・ルイス」の1人

命日:2004年 7月22日 享年:56 死因:肺がん 

三宅義行 

映画カメラマン

命日:2004年 10月14日 享年:78 死因:肺がん 

光岡明 

作家

命日:2004年 12月22日 享年:72 死因:肺がん 

羽生未来 

タレント

命日:2005年 2月22日 享年:30 死因:肺がん 

星ルイス 

漫才師。1970年代に一世を風靡した漫才コンビ「星セント・ルイス」の1人

命日:2005年 3月10日 享年:56 死因:肺がん 

奥山貴宏 

フリーライター作家、『31歳ガン漂流』の著者

命日:2005年 4月17日 享年:33 死因:肺がん 

仰木彬 

野球監督

命日:2005年 12月15日 享年:71 死因:肺がん 

高木時夫 

プロ野球中日、阪神元スカウト

命日:2006年 1月23日 享年:68 死因:原発性肺がん 

柿沢慎一 

元ボクシング東洋ライト級王者

命日:2006年 6月8日 享年:58 死因:肺がん 

朝岡勲 

大相撲元幕内朝岡

命日:2006年 6月10日 享年:64 死因:肺がん 

石田真二 

よど号機長

命日:2006年 8月13日 享年:83 死因:肺がん 

米沢嘉博 

コミケット代表

命日:2006年 10月1日 享年:53 死因:肺がん 

Page : 1 2 3 4 5


肺がんとは

『肺癌』より : 肺癌(はいがん、英:Lung cancer)は、肺に発生する上皮細胞由来の悪性腫瘍。90%以上が気管支原性癌 (bronchogenic carcinoma) 、つまり気管支、細気管支あるいは末梢肺由来の癌である。国際肺癌学会によれば、肺癌は世界的に最も致死的な癌であるが、その理由の1つは、多くの場合発見が遅すぎて効果的な治療を行うことができないことであり、早期に発見された場合は手術や放射線治療でその多くを治癒することができる。 疫学 WHOの試算では、肺癌による死亡者数は全がん死の17%を占め最も多く、世界中で年間130万人ほどがこの疾患で死亡している。日本では2005年の統計で、全がん死の19%を占め、男性では全がん死の中で最も多く、女性では大腸癌(結腸がんおよび直腸がん)・胃癌に次いで3番目を占めている。 西側諸国では、肺癌は癌患者数の第二位に位置し、男性でも女性でもがん死のトップである。西側諸国では男性の肺癌死亡率は低下傾向であるが、女性の喫煙者グループの増大とともに肺癌死も増加している。

Wikipedia - 肺がんより