斬首で亡くなった人々

Page : 1

香田証生 

イラクでの日本人人質

命日:2004年 10月31日 享年:24 死因:斬首 

Page : 1


斬首とは

『斬首刑』より : 斬首刑(ざんしゅけい)とは、罪人の首(頭部)を刃物等により胴体から切断する刑罰(死刑の一種)である。対象者は即死する。ただし、確認しようがないが「斬首されたのちもしばらくは意識がある」「素早く斬首されるとほとんど痛みを感じずに即死する」などという説もある。古代から近代にかけて世界各国で行われていたが、2015年現在、正式に刑罰としての死刑の方法として採用されているのは、一部のイスラム諸国だけである。 斬首刑の歴史 斬首は刑罰として、あるいは生贄として人間を殺害する手段として、古代以来世界各地で普遍的に行われた。いつから斬首刑があったかは定かでないが、既に人類が鋭利な刃物を武器にした青銅器時代にはあったことが確認されている。たとえば中国の青銅器時代に相当する商(殷)・周代では、鉞(エツ)というまさかり状の青銅製利器が斬首に用いられ、王が正義を執行する具として王権の象徴とされた。甲骨文字にも鉞で斬首している様を象ったものがあり、商代の祭祀に伴う生贄として斬首された人骨も多数発掘されている。

Wikipedia - 斬首より