扼殺で亡くなった人々

Page : 1

伊藤野枝 

大正期のアナーキスト、婦人解放運動家。憲兵大尉・甘粕正彦に殺害される

命日:1923年 9月16日 享年:27 死因:扼殺 

石田吉蔵 

割烹料理屋吉田屋の主人、阿部定事件で殺害される

命日:1936年 5月18日 享年:41 死因:扼殺 

Page : 1


扼殺とは

縊死(いし)とは、死因の一つである。一般的には首吊り死をさす。紐や縄など(以下索状物)を首に掛けて、自身または他人の体重によって首(頸部)が圧迫されることで呼吸や脳の血流が阻害され、脳や臓器に回復不能な機能障害が起き(縊頸)、結果として死に至ることを縊死と呼ぶ。 首吊り(縊頸) 固定された索状物に首を掛け本人の体重で頸部を斜めに圧迫すると、頸部の動脈(頸動脈と椎骨動脈)、主気管などが強く圧迫され、脳虚血または窒息状態となる。これらにより、血液または酸素が脳に供給されなくなり、中枢の機能が停止し絶命に至る。このことを、法医学では縊頸(いけい、いっけい)と呼ぶ。多くの場合、自殺に用いられる。必ずしも足が完全に地面から浮いていることは要さず、足や尻をついた状態でも縊死は成立し得る(非定型縊頸)。 絞首刑における首吊りは、絞首台を使用し、高所より落下するエネルギーを用い、その衝撃で頚椎損傷などを起こし、即、意識を失い、確実に死に至らしめる。

Wikipedia - 扼殺より