慢性骨髄性白血病で亡くなった人々

Page : 1

蔵間竜也 

タレント、元力士(時津風部屋)

命日:1995年 1月26日 享年:42 死因:慢性骨髄性白血病 

沢口ともみ 

自衛隊出身の反戦ストリッパー

命日:2006年 1月10日 享年:44 死因:慢性骨髄性白血病 

中里逢庵 

陶芸家

命日:2009年 3月12日 享年:86 死因:慢性骨髄性白血病 

Page : 1


慢性骨髄性白血病とは

慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう Chronic myelogenous leukemia ,CML)とは、骨髄における造血幹細胞の無秩序な分裂によって特徴づけられる慢性白血病の一形態である。フィラデルフィア染色体と呼ばれる部分における特徴的な染色体転座と関連した造血幹細胞の無制限な増殖を伴う病気である。歴史的にインターフェロンなどを使用した化学療法や骨髄移植などが行われてきたが、21世紀初頭に効果的な治療薬イマチニブメシル酸塩 Imatinib(イマチニブ、イマチニブメシル酸塩)が登場してからはその扱いは根本的に一変した。
慢性骨髄性白血病はすべての年齢層において患者が見られるが、中でも最も好発する年齢層は中年以降である。毎年10万人に1人か2人の割合で発生し、わずかではあるが女性より男性のほうが発生割合が高い。ヨーロッパの成人における白血病罹患者の15%から20%は慢性骨髄性白血病であるといわれている。よく知られている発症のリスクファクターは、電離放射線にさらされること、具体的には例えば、広島や長崎において原子爆弾の被爆を受けた人が多い地域では、白血病の患者の割合が高いことが知られている。

Wikipedia - 慢性骨髄性白血病より