慢性腎不全で亡くなった人々

Page : 1

ミスター珍 

プロレスラー

命日:1995年 6月25日 享年:62 死因:慢性腎不全 

鶴田憲吉 

大井競馬所属の調教師

命日:2003年 8月5日 享年:72 死因:慢性腎不全 

一宮章 

先代・高砂親方、元小結富士錦

命日:2003年 12月17日 享年:66 死因:慢性腎不全 

藤岡琢也 

俳優

命日:2006年 10月20日 享年:76 死因:慢性腎不全 

吉村信良 

合唱指揮者、元全日本合唱連盟理事長

命日:2009年 3月31日 享年:76 死因:慢性腎不全 

高橋敬典 

鋳物工芸家、人間国宝

命日:2009年 6月23日 享年:89 死因:慢性腎不全 

伊藤漱平 

日本の中国文学者、二松学舎大学元学長

命日:2009年 12月21日 享年:84 死因:慢性腎不全 

平木国夫 

作家

命日:2012年 4月5日 享年:88 死因:慢性腎不全 

Page : 1


慢性腎不全とは

慢性腎不全(まんせいじんふぜん、英: Chronic renal failure)は、慢性に生じた腎不全。 統計 慢性糸球体腎炎が一番で50%、糖尿病性腎症が二番で15%。 透析導入まで至った症例では、糖尿病性腎症38%、慢性糸球体腎炎32%、腎硬化症7.6%。 原因 糖尿病性腎症(透析導入として最多の原因疾患) 慢性糸球体腎炎(2番目に多い) 悪性腎硬化症(3番目に多い) 多発性嚢胞腎(常染色体性優性多発性嚢胞腎/ADPKDなど) 病態 病期は第1期~第4期に分けられる。 第1期(腎予備能減少期)GFR(糸球体濾過値)が正常~50%の間に減少した時期であるが、生体の恒常性はほぼ正常に維持されており、無症状である。 第2期(代償性腎不全期)GFRが、50~30%に低下し尿濃縮機能の低下、軽度の高窒素血症、軽度の貧血を認める。 第3期(腎不全期、非代償期)GFRが30~5%に低下し、高窒素血症、等張尿、夜間尿、代謝性アシドーシス、低Ca血症、高P血症、低Na血症などが認められる(糸球体濾過量が30ml/分以下に低下した状態が続くものを言う)。

Wikipedia - 慢性腎不全より