慢性気管支炎で亡くなった人々

Page : 1

斎藤真 

政治学者

命日:2008年 1月16日 享年:87 死因:慢性気管支炎 

Page : 1


慢性気管支炎とは

『気管支炎』より : 気管支炎(きかんしえん、羅: 独: 英: 蘭: Bronchitis)は、呼吸器疾患の一つで気管支の炎症を指す。急性と慢性に区分される。また、別の区分では慢性気管支炎は閉塞性肺疾患にも分類される(気道の狭窄症状、肺の過膨張、喘鳴、呼気延長、1秒率の低下、残気量の増加等)。自身の喫煙や周りの人間による受動喫煙の健康被害により、症状が悪化したり慢性化したりする悪影響がある。 急性気管支炎 気管支の急性の炎症全般を指す。 原因 感染性(ウイルス、細菌)…インフルエンザ、アデノウイルス、百日咳菌、肺炎球菌、A群溶連菌等 その他…NO2、SO2、塩素ガス、その他気体刺激物等 症状 先駆症状として風邪症状があらわれ、次第に咳や痰等の急性上気道カタル症状を呈する。発熱(軽度)、全身倦怠感、頭が重い等の症状を併発することも多い。また、激しい咳が出る場合は腹部の筋肉痛を訴えることもある。 検査 白血球増加 CRP試験陽性ただし、胸部X線に異常所見は見られない。

Wikipedia - 慢性気管支炎より