多臓器不全で亡くなった人々

Page : 1 2

胡桃沢耕史 

作家

命日:1994年 3月22日 享年:68 死因:多臓器不全 

三橋美智也 

歌手

命日:1996年 1月8日 享年:65 死因:多臓器不全 

隅谷三喜男 

東大名誉教授

命日:2003年 2月22日 享年:86 死因:多臓器不全 

橘田規 

プロゴルファー

命日:2003年 3月22日 享年:68 死因:多臓器不全 

喜多康樹 

喜劇俳優

命日:2003年 5月4日 享年:77 死因:多臓器不全 

バーブ佐竹 

歌手

命日:2003年 12月5日 享年:68 死因:多臓器不全 

世良譲 

ジャズピアニスト

命日:2004年 2月17日 享年:71 死因:多臓器不全 

吉村瑠太 

三段目力士

命日:2004年 8月7日 死因:多臓器不全 

田原節子 

エッセイスト、ジャーナリスト田原総一朗氏の妻

命日:2004年 8月13日 享年:67 死因:多臓器不全 

弘瀬勝 

元日本ソフトボール協会会長

命日:2004年 10月3日 享年:64 死因:多臓器不全 

本田靖春 

ノンフィクション作家

命日:2004年 12月4日 享年:71 死因:多臓器不全 

藤木悠 

俳優

命日:2005年 12月19日 享年:74 死因:多臓器不全 

三浦敬三 

プロスキーヤー

命日:2006年 1月5日 享年:101 死因:多臓器不全 

菊池徹 

元第1次南極観測隊員

命日:2006年 4月10日 享年:84 死因:多臓器不全 

永井伸彦 

日刊スポーツ新聞社編集局レース部参事

命日:2006年 5月21日 享年:59 死因:多臓器不全 

伊藤圭祐 

元競泳五輪代表選手

命日:2006年 12月5日 享年:63 死因:多臓器不全 

立川勇作 

元プロボクシングレフェリー

命日:2007年 2月25日 享年:74 死因:多臓器不全 

鏡味次郎 

曲芸師、落語芸術協会参与

命日:2007年 7月15日 享年:75 死因:多臓器不全 

鎌谷紀雄 

第53代横綱琴桜

命日:2007年 8月14日 享年:66 死因:多臓器不全 

山田卓 

振付師

命日:2007年 11月2日 享年:76 死因:多臓器不全 

丹羽春夫 

元後楽園スタヂアム会長

命日:2008年 1月5日 享年:98 死因:多臓器不全 

浜本万三 

元労働大臣、参議院議員

命日:2008年 1月21日 享年:88 死因:多臓器不全 

スハルト 

インドネシア第2代大統領

命日:2008年 1月27日 享年:87 死因:多臓器不全 

加藤周一 

評論家

命日:2008年 12月5日 享年:89 死因:多臓器不全 

Page : 1 2


多臓器不全とは

多臓器不全(たぞうきふぜん、英: MOF; multiple organ failure)とは、生命維持に必要な複数の臓器の機能が障害された状態のこと。現代救急医療の最大の課題のひとつとされている。局所障害が枢要臓器に影響することによるPrimary MOFと、全身性炎症反応症候群から発展して生じるSecondary MOFがある。 MOFという概念が注目されるようになった背景には、救急医療の発達がある。MOFは本来、死に至る上で誰もが通る過程であるが、救急医療が発達する以前においては、MOFから死への距離が非常に短く、ほとんど不可分であった。しかし、出血や腎不全、急性呼吸窮迫症候群など、死の前段階における症候を一つ一つ克服した結果として、1970年代より、集中治療中の患者の死因として、MOFが問題視されるようになってきたものである。 MOFの基本的な病態は、急性炎症反応とこれにともなう各種サイトカインなど化学伝達物質の発現増大によって、全身において同時多発的に障害を生じることにある。

Wikipedia - 多臓器不全より