墜落で亡くなった人々

Page : 1

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ 

フランスの作家、パイロット

命日:1944年 7月31日 享年:44 死因:墜落 

ユーリイ・ガガーリン 

ソ連の宇宙飛行士、1961年4月12日に人類として初めて宇宙飛行に成功、飛行機の墜落事故で死去

命日:1968年 3月27日 享年:34 死因:墜落 

向田邦子 

作家、エッセイスト、脚本家

命日:1981年 8月22日 享年:53 死因:墜落 

ランディ・ローズ 

アメリカのミュージシャン、ギタリスト

命日:1982年 3月19日 享年:25 死因:墜落 

坂本九 

ミュージシャン、歌手

命日:1985年 8月12日 享年:43 死因:墜落 

北原遥子 

女優

命日:1985年 8月12日 享年:24 死因:墜落 

藤島克彦 

コピーライター

命日:1985年 8月12日 死因:墜落 

アリーヤ 

アメリカのミュージシャン

命日:2001年 8月25日 享年:22 死因:墜落 

モハメド・アタ 

アルカイダのテロリスト、アメリカ同時多発テロの首謀者

命日:2001年 9月11日 享年:33 死因:墜落 

コリン・マクレー 

モータースポーツ(ラリー)選手

命日:2007年 9月15日 享年:39 死因:墜落 

レフ・カチンスキ 

ポーランド共和国第三共和政第4代大統領

命日:2010年 4月10日 享年:61 死因:墜落 

Page : 1


墜落とは

『航空事故』より : 航空事故(こうくうじこ)とは、航空機の運航中に起きる事故である。 重大事故の形態としては、以下のような形が挙げられる。 墜落 飛行中に何らかの事情が発生し航空機が地上へ落下する事象の総称。以下で述べる空中分解するケースと原型を保って墜落するケースがある。空中分解 飛行中に気象、災害、武器攻撃など外的要因、機体構造の欠陥など内的要因から構造破壊で航空機が空中で分解する現象。生存は絶望的なケースが大半。不時着・胴体着陸 空港やそれ以外の場所に緊急着陸するケース。主な要因に、降着装置(ランディングギア)が降りなかったり、燃料が尽きたり、時には操縦系統が全滅したり屋根が吹き飛んだりしながらも無事に着陸できたケースと、着陸態勢は取れたが場所が不適当だったため機体が破損したというケースに分かれる。墜落に比べ衝撃をコントロール出来ているため生存率は高い。オーバーラン 着陸の際に制動距離が滑走路を逸脱するケース。着陸失敗事故の大半を占める。地上で起きるので生存率は高いが、燃料の炎上や水没などで多数の死者が出たケースもある。

Wikipedia - 墜落より