乳がんで亡くなった人々

Page : 1

巌本真理 

ヴァイオリニスト

命日:1979年 5月11日 享年:53 死因:乳がん 

イングリッド・バーグマン 

ハリウッド女優

命日:1982年 8月29日 享年:67 死因:乳がん 

キャシー・アッカー 

アメリカの作家、『血みどろ臓物ハイスクール』

命日:1997年 11月30日 享年:50 死因:乳がん 

絵門ゆう子 

エッセイスト

命日:2006年 4月3日 享年:49 死因:転移性乳がん 

長島千恵 

イベントコンパニオン、乳がんとの闘いが「余命1ヶ月の花嫁」というタイトルでテレビ化、書籍化される

命日:2007年 5月6日 享年:24 死因:乳がん 

中山万里 

写真家

命日:2008年 1月17日 享年:37 死因:転移性乳がん 

河野裕子 

日本の歌人

命日:2010年 8月12日 享年:64 死因:乳がん 

田中好子 

日本の女優アイドル歌手、元キャンディーズのメンバー

命日:2011年 4月21日 享年:55 死因:乳がん 

Page : 1


乳がんとは

『乳癌』より : 乳癌(にゅうがん、英: Breast cancer)は、乳房組織に発生する癌腫である。 疫学 世界中でよく見られる癌で、西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。それゆえ、早期発見と効果的な治療法を達成すべく膨大な労力が費やされている。また乳癌女性患者のおよそ20%がこの疾患で死亡する。 乳癌に罹患するリスクは年齢と共に増加する。生涯で乳癌に罹患する確率は、日本人女性で16人に1人、男性で極めて稀である。欧米では8~10人に1人である。 罹患の要因 乳癌に罹患する確率は色々異なった要因で変わってくる。家系によっては、乳癌は遺伝的家系的なリスクが強い家系が存在する。人種によっては乳癌リスクの高いグループが存在し、アジア系に比べてヨーロッパ系とアフリカ系は乳癌リスクが高い。 他の明確になっているリスク要因としては以下の通り。 妊娠・出産歴がない。出産回数が少ない。 第一子出産の後、母乳を与えない。なお、関連がないとする報告もあり。 初経年齢(月経が始まった年齢)が低い。 閉経年齢が高い。 ホルモン療法(エストロゲン製剤、ピル等)を受けている。

Wikipedia - 乳がんより