オーバードーズで亡くなった人々

Page : 1

ジャニス・ジョプリン 

ミュージシャン、ロックシンガー

命日:1970年 10月4日 享年:27 死因:オーバードーズ 

ジム・モリソン 

ミュージシャン、ドアーズのボーカル

命日:1971年 7月3日 享年:27 死因:オーバードーズ 

キース・ムーン 

ミュージシャン、ザ・フーのドラマー

命日:1978年 9月7日 享年:32 死因:オーバードーズ 

阿部薫 

ミュージシャン、フリー・ジャズのアルトサックスプレイヤー

命日:1978年 9月9日 享年:29 死因:オーバードーズ 

シド・ヴィシャス 

ミュージシャン、パンクロッカー

命日:1979年 2月2日 享年:21 死因:オーバードーズ 

ヒレル・スロヴァク 

ミュージシャン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギター

命日:1988年 6月27日 享年:26 死因:オーバードーズ 

リバー・フェニックス 

アメリカの映画俳優

命日:1993年 10月31日 享年:23 死因:オーバードーズ 

華月 

ミュージシャン、ヴィジュアル系バンドRaphaelのギタリスト

命日:2000年 10月31日 享年:19 死因:オーバードーズ 

ジョン・エントウィッスル 

ミュージシャン、ザ・フーのベーシスト

命日:2002年 6月27日 享年:57 死因:オーバードーズ 

Page : 1


オーバードーズとは

オーバードース(英語: drug overdose)とは、身体あるいは精神にとって、急性の有害な作用が生じる程の量によって、薬物が使用されることである。それによって一時的、あるいは永続的な影響があり、最悪死亡する事がある。略称は OD で、服用量の dose と、過剰・超過を意味する over の複合語である。日本語では過剰摂取、過量服薬と和訳される。 危険性が高いのは、特にヘロインやモルヒネのような鎮痛薬、アンフェタミン、アルコール、ベンゾジアゼピン系の医薬品や、これらが同時に摂取された場合である。それらは作用する量と致死量が近い薬物である。逆に、大麻やLSDでは安全係数が高く、重症例はほとんどない。 意図的な過剰摂取は、自殺企図を意味することがある。数では違法な薬物よりも、合法的な薬物における方が多い。 近年、医師から処方された向精神薬を過量服薬する例が相次いでいる。アメリカ合衆国での調査では薬物による死亡は意図的でない死亡が多く、処方箋医薬品によるものが過半数である。日本で精神科の患者に対する多剤大量処方が問題となり、2012年の閣議決定で薬剤師の活用が提起されたが、2014年度からは一定数を超えた処方の診療報酬が減額することとなった。

Wikipedia - オーバードーズより