おくやみ:大山倍達氏

空手家、極真会館館長
1994年 4月26日 没 享年70 肺がんにより死去

略歴

大山 倍達(おおやま ますたつ、1923年(大正12年)7月27日(旧暦6月4日) - 1994年(平成6年)4月26日)は、男性武道家・空手家であり、国際空手道連盟総裁・極真会館館長。極真空手十段。別名:マス大山。韓国名は崔 永宜(さい・えいぎ、チェ・ヨンウィ、최 영의)。日本統治下の朝鮮半島で生まれ、韓国の戸籍では1922年7月27日生まれとなっており、1923年生まれでは新暦と旧暦の誕生日が一致しないため、実際の生年は1922年と推定される。 1970年代に週刊少年マガジンに連載された劇画『空手バカ一代』でも、主人公として取り上げられた。 生涯 生い立ち 父・崔承玄と母・金芙蓉の6男 1女の第4子として当時日本領であった朝鮮全羅北道金堤市で生まれた。第二次世界大戦終結に伴い日本が朝鮮半島の領土を手放し、1948年に同地に大韓民国が建国された後は日本国籍から韓国籍となったが、1964年(昭和39年)日本国籍を取得し帰化している。Wikipediaより