おくやみ:梅原龍三郎氏

画家
1986年 1月16日 没 享年98 肺炎により死去

略歴

梅原 龍三郎(うめはら りゅうざぶろう、1888年(明治21年)3月9日 - 1986年(昭和61年)1月16日)は、日本の洋画家。京都府京都市下京区生まれ。1914年(大正3年)までは梅原 良三郎(うめはら りょうざぶろう)を名乗った。 ヨーロッパで学んだ油彩画に、桃山美術・琳派・南画といった日本の伝統的な美術を自由奔放に取り入れ、絢爛な色彩と豪放なタッチが織り成す装飾的な世界を展開。昭和の一時代を通じて日本洋画界の重鎮として君臨した。 京都府京都市下京区生まれ。生家は染物問屋だった。京都府立第二中学校(現・京都府立鳥羽高等学校)を中退し、伊藤快彦の画塾・鍾美会で学んだ後、浅井忠が主催する聖護院洋画研究所(現・関西美術院)に入った。同時期に安井曾太郎も学んでいた。 1908年(明治41年)、後に美術史家となる田中喜作と共にフランスに留学。パリに滞在しアカデミー・ジュリアンに通った。翌年にはルノワールの指導を受ける機会を得た。知人の有島生馬を通して1910年(明治43年)にはルノワールやパリの芸術についてを雑誌『白樺』に寄稿している。Wikipediaより