おくやみ:諸橋轍次氏

学者、『大漢和辞典』や『広漢和辞典』の編者
1982年 12月8日 没 享年99 老衰により死去

略歴

諸橋 轍次(もろはし てつじ、1883年6月4日 - 1982年12月8日)は、漢字の研究者で大著『大漢和辞典』や『広漢和辞典』(ともに大修館書店刊)の編者。文学博士。東京文理科大学名誉教授。都留短期大学および都留文科大学の(四年制大学としての)初代学長。本人によると直江兼続の子孫である。号は止軒。 同郷の社会学者建部遯吾は従兄にあたる。(諸橋轍次の父安平の兄慶三郎の子が建部遯吾) 三男の諸橋晋六は静嘉堂文庫理事長のほか三菱商事社長・会長も務めた。 新潟県南蒲原郡庭月村(後に四ツ沢村→森町村→下田村、現在の三条市庭月)に生まれた。東京高等師範学校を卒業後、漢学の教員として同校に勤める。青年時代、中国にも留学。このとき満足できる辞書がなかったことが、のちの大漢和の製作に繋がっていったと言われている。 1925年、大修館の鈴木一平が諸橋のもとを訪れ、巨大な漢和辞典の構想を持ちかけられる。本格的な製作の開始は1929年からだった。 1929年1月に文学博士 論文の題は「儒学の目的と宋儒(慶暦至慶元百六十年間)の活動」。Wikipediaより