おくやみ:干刈あがた氏

作家
1992年 9月6日 没 享年49 胃がんにより死去

略歴

干刈あがた(ひかり あがた, 1943年1月25日 - 1992年9月6日)は、日本の小説家。本名浅井和枝(旧姓柳)。東京府出身。 安保闘争世代の女性の青春と、結婚、離婚、子育てなど、社会や家族との関わりについて、鋭い同時代性を持って描き、読者の大きな共感を得た。また、両親の出身地である奄美群島の郷土史研究家でもあった。約10年ほどの作家生活の後、49歳で死去。 講談社児童文学新人賞選考委員を、1988年から1991年まで務めた。 東京府青梅町に生まれる。東京都立富士高等学校在学中、高校新聞部連盟の呼びかけで安保闘争のデモや集会に参加する。1962年に早稲田大学第一政経学部新聞学科に入学するが、翌年中退。コピーライターを経て、1967年から70年頃まで、月刊誌『若い女性』に旅行体験記を掲載するなど、不定期的に雑誌のライターとして働き、作詞(冷泉公裕『四回戦ボーイ』)なども手がけた。 1975年に、島尾敏雄の呼びかけで作られた「奄美郷土研究会」の会員になり、島唄の採集を始める。Wikipediaより