おくやみ:遠藤康子氏

アイドル
1986年 3月29日 没 享年17 自殺により死去

略歴

遠藤 康子(えんどう やすこ、1968年10月21日 - 1986年3月29日)は、日本の東京都出身の女優・モデル。 将来を期待されていたが、17歳の若さで突然自殺した。 来歴・人物 中学2年生の春休みにスカウトされヒラタオフィスに所属しモデルとしてデビュー。雑誌、CMで活躍する。 1985年、テレビドラマ『スケバン刑事』の海槌亜悠巳役で注目を集めた。 しかし、1986年5月に「IN THE DISTANCE」という曲でアイドル歌手デビューする予定であったが同年3月29日(30日説も有)、台東区のビルの7階屋上から飛び降り自殺を遂げた。まだ17歳の若さだった。動機は事務所に恋人との交際続行を反対されたためと言われている(『週刊平凡』4月25日号「遠藤康子さんの恋人が涙の告白」)。なお、当時の朝日新聞は遠藤の名前を公表せず、あたかも一般人の女性が自殺したかのような扱いをしていた。遠藤の最後の言葉は「ママごめんね」だった。 遠藤が自殺してほどなく(4月8日)岡田有希子が同じように飛び降り自殺をしており、遠藤康子の自殺が影響を与えたのではないかという意見もあったが、その真相とは全くの無関係であった。Wikipediaより