おくやみ:張学良氏

中国の軍人、政治家
2001年 10月15日 没 享年100

略歴

張 学良(ちょう がくりょう、1901年6月3日 - 2001年10月14日)は、中華民国の軍人・政治家。張作霖の長男。字は漢卿。軍人としての階級は国民革命軍一級上将。 生涯 青年時代 1901年、張学良は当時満州地方(現地名:遼寧省台安県)の馬賊であった張作霖の長男として出生。母親(趙春桂)は不明な点が多く、張学良11歳の時に死去とされる。父・作霖に可愛がられ、大勢の家庭教師が付き高い教養を身につけた。16歳からは英会話も習得し、後に中国の軍閥の頭領としてはただ一人の英語の使い手となる(リットン調査団の一員であるドイツ人ハインリヒ・シュネーによると、「英語は少し話せるが、複雑な問題は交渉できなかったので必ず通訳を付けていた」)。16歳の時に最初の結婚をさせられ、17歳の時に第一子が誕生、19歳の時には、父によって陸軍少将に任じられた。 1919年3月、父の創設した軍幹部養成学校である東三省講武学堂の一期生として入学。若い頃から記憶力が良く、300名以上の学生の姓名、出身地、字を暗記していた。Wikipediaより