おくやみ:鈴木貞一氏

軍人、陸軍中将、A級戦犯
1989年 7月15日 没 享年100 老衰により死去

略歴

鈴木 貞一(すずき ていいち、1888年(明治21年)12月16日 - 1989年(平成元年)7月15日)は、日本の軍人、陸軍中将。千葉県出身。通称「背広を着た軍人」。「三奸四愚」と呼ばれた東條英機側近三奸の一人とされる。 千葉県の地主である鈴木八十吉の長男として生まれ、東京の成蹊学舎、京北中学校を卒業する。 元々は満州の森林開発に携わることを志望していた事から、東京帝国大学農学部を志望していたが、直前に腕試しの為に受験した陸軍士官学校に合格した事から、当時陸軍騎兵大佐だった伯父の加瀬倭武(陸士旧10期、陸大10期)の勧めもあって陸士へ進学することとなった。 1910年(明治43年)に陸軍士官学校(22期)、1917年(大正6年)に陸軍大学校(29期)を卒業した。陸大では英語と中国語を専攻し、卒業後も支那問題に関する研究を続けたことから、参謀本部の支那班・作戦課での勤務を命じられ、上海及び北京、武漢に駐在した。 1927年(昭和2年)11月、深山亀三郎らと共に木曜会を結成。1929年(昭和4年)5月19日、永田鉄山・東條英機・板垣征四郎・石原莞爾ら陸軍中堅将校が結成していた二葉会と木曜会が合流して結成された一夕会のメンバーにもなった。Wikipediaより