おくやみ:レニ・リーフェンシュタール氏

ドイツの女優映画監督、写真家、舞踏家
2003年 9月8日 没 享年101 老衰により死去

略歴

レニ・リーフェンシュタール(独: Leni Riefenstahl)、本名ベルタ・ヘレーネ・アマーリエ・リーフェンシュタール(独: Berta Helene Amalie Riefenstahl、1902年8月22日 - 2003年9月8日)は、ドイツの映画監督、写真家。世界最年長のスクーバダイバーでもあった。近年ではレニを「レーニ」と表記される例も見られる。 国家社会主義ドイツ労働者党政権下のドイツで製作された映画作品、とりわけベルリンオリンピックの記録映画『オリンピア』と1934年のナチス党大会の記録映画『意志の勝利』が、ナチによる独裁を正当化し、国威を発揚させるプロパガンダ映画として機能したという理由から、「ナチスの協力者」として批判され、戦後長らく黙殺された。 1970年代以降、アフリカのヌバ族を撮影した写真集と水中撮影写真集の作品で戦前の映画作品も含めて再評価の動きも強まったが、ナチス協力者のイメージは最後まで払拭できなかった。Wikipediaより