おくやみ:奥村土牛氏

日本画家
1990年 9月25日 没 享年101

略歴

奥村 土牛(おくむら とぎゅう、1889年(明治22年)2月18日 - 1990年(平成2年)9月25日)は現代の代表的な日本画家の一人。本名:義三(よしぞう)。号である「土牛」は、出版社を営んでいた父が寒山詩の一節「土牛石田を耕す」から引用してつけられた。 刷毛で胡粉などを100回とも200回ともいわれる塗り重ねをし、非常に微妙な色加減に成功した作品が特徴とされる。<富士山図>(または「富士」)が著名で、皇居にも飾られている。 年譜 1889年 東京府東京市京橋区南鞘町(現・東京都中央区京橋一丁目)に生まれる 1900年 城東尋常小学校卒業 1905年 梶田半古の門を叩き、当時塾頭であった小林古径に日本画を師事 1907年 東京勧業博覧会に『敦盛』が入選 1920年 この年より約2年間、古径の画室で指導を受ける 1923年 中央美術社第5回展『家』にて中央美術賞受賞 1926年 この頃速水御舟に出会う 1927年 再興第14回院展『胡瓜畑』が初入選する 1929年 再興第16回院展で『蓮池』により日本美術院院友に推挙される 1932年 日本美術院同人 1935年 帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)日本画科教授に就任 1936年 第1回帝国美術展『鴨』で推奨第1位を獲得する 1944年 東京美術学校(現・東京芸術大学)講師 1945年 空襲で家が焼け、長野県南佐久郡穂積村へ疎開 1947年 帝国芸術院会員 1959年 日本美術院理事 1962年 文化勲章受章 1978年 日本美術院理事長に任命 1980年 東京都名誉都民 1990年 没、享年101。Wikipediaより