おくやみ:ハンス・ゲオルク・ガダマー氏

ドイツの哲学者
2002年 3月13日 没 享年102

略歴

ハンス・ゲオルク・ガダマー(独: Hans-Georg Gadamer、1900年2月11日 - 2002年3月13日)は、ドイツの哲学者。解釈学(Hermeneutik)と名づけられる、言語テクストの歴史性に立脚した独自の哲学的アプローチで知られる。姓はガーダマーとも表記される。 生涯 マールブルクに生まれた。父はブレスラウ大学の化学者で、1918年進路を定めずブレスラウ大学へ進学するも、同年ドイツ革命が起き、ドイツは降伏。1919年哲学を学ぶためマールブルク大学に入学し、ニコライ・ハルトマンの指導を受け、新カント派のナトルプのもと博士学位(『プラトンの対話篇における快楽の本質』)を取る。マルティン・ハイデッガーのいわゆる『ナトルプ報告』を読み衝撃を受け、その直後(1923年)にフライブルク大学でハイデッガーと出会い新カント派から離れ、フライブルクからマールブルクに赴任したハイデガーの指導を受ける。Wikipediaより