おくやみ:龍興山一人氏

大相撲力士、出羽海部屋
1990年 2月2日 没 享年22 虚血性心不全により死去

略歴

龍興山 一人(りゅうこうざん かずと、1967年6月23日 - 1990年2月2日)は、大阪府堺市出身の元大相撲力士。本名は宮田 一人(みやた かずと)。 堺市立浜寺中学校時代に元出羽海部屋の幕下力士・播州山の知り合いに勧誘されて相撲部に入り、3年生で出羽海部屋への入門を決めた。しかし、周囲の猛反対を受けるが、自分の意思を貫いて卒業と共に初土俵を踏んだ。「龍興山」とは大阪府堺市にある寺院「南宗寺」の山号でもある。 一進一退が続いたことで嫌気が差し、12月に部屋を脱走したが、癌の治療中だった父親に励まされたことで心を入れ替え、1984年に兄弟子に電話で連絡して部屋に戻ることとなったが、本人は復帰がかなり不安だったようで、高速道路でさえ逃げ出そうとした。やっとの思いで部屋に戻ると廃業届も提出されておらず、髷も残っていたことからすんなり復帰でき、父親の没後は強みを増した。 当初は遅い相撲だったが、1989年7月場所に十両へ昇進した頃には早くなり、腰の重さを生かしたがぶり寄りも覚え、その取り口から「琴風二世」と評された。Wikipediaより