おくやみ:三好京三氏

直木賞作家
2007年 5月11日 没 享年76 脳梗塞により死去

略歴

三好 京三(みよし きょうぞう、1931年(昭和6年)3月27日 - 2007年(平成19年)5月11日)は、岩手県胆沢郡前沢町(現・奥州市)出身の小説家。本名、佐々木 久雄(ささき ひさお)。 旧制・岩手県立一関中学校(現・岩手県立一関第一高等学校)卒業。学生時代の友人に後の作家・光瀬龍がいた。 前沢町役場勤務を経て、種市町立中野小学校及び種市町立宿戸小学校(現洋野町)に助教諭として赴任、その後1962年(昭和37年)に旧衣川村立(現奥州市)衣川小学校大森分校に赴任。1971年(昭和46年)には同校勤務の傍ら6年間掛けて慶應義塾大学通信教育部文学部国文学科を卒業した。 妻が子宮摘出を受け子どもを授かることができなくなった経緯もあり、友人で作家・社会学者として知られるきだみのるの11歳の娘を養女に迎えた。父と放浪生活をしていた娘は、学校にも通わず、野性児のようだった。 その成長過程を描いた1975年(昭和50年)出版の『子育てごっこ』で文學界新人賞及び直木賞を受賞し、これが事実上の文壇デビューとなった。Wikipediaより

訃報

 分校での教師経験を基に書いた「子育てごっこ」で直木賞を受賞した作家の三好京三(みよし・きょうぞう)氏(本名・佐々木久雄=ささき・ひさお)が07年5月11日午前5時45分、脳梗塞(こうそく)のため岩手県奥州市の病院で死去した。76歳。岩手県出身。葬儀・告別式は15日午後2時から奥州市前沢区山下72、霊桃寺で。喪主は妻京子(きょうこ)さん。

三好京三氏(直木賞作家)が脳梗塞(こうそく)のため死去より