おくやみ:はな寛太氏

漫才師、はな寛太・いま寛大
2007年 5月15日 没 享年62 食道がんにより死去

略歴

はな寛太・いま寛大(はなかんた・いまかんだい)は、漫才コンビ。所属芸能事務所 事務所は松竹芸能。
松竹新喜劇の俳優 役者出身コンビ。1968年にコンビ結成。藤山寛美が名付け親。
東京浅草の木馬館などで「ちょっと待ってね」のギャグで人気者に。
1970年、夢路いとし・喜味こいしの勧めで大阪に戻り活躍。
最初は大宝芸能に所属し東宝系のトップホットシアターに出演。同劇場閉鎖後は松竹所属となり道頓堀角座等の松竹の劇場に上がる、在阪放送局のお笑い番組で人気者となる。
1977年にコンビを解消するが、1979年に復活。
2005年でデビュー35周年、そして日本放送協会 NHKの上方演芸ホールにて師匠の喜味こいしの前で本人の往年の漫才ネタを披露した。
2007年師匠喜味こいしの往年のネタ「親子丼」「ジンギスカン」を現在風に改作して継承、2代目いとし・こいしの名前を継ぐことになっていたが、同年5月15日、はな寛太が食道癌のため死去。享年61。いま寛大の今後の活動は舞台俳優を中心に活動予定。
Wikipediaより

訃報

 漫才コンビ、はな寛太・いま寛大のはな寛太さん(本名・西村一文=にしむら・かずふみ)が07年5月15日、食道がんのため大阪市内の病院で死去した。61歳。寛太さんは60年に松竹新喜劇に入門し、68年に現コンビ結成。ギャグ「ちょっと待ってね」を交えた漫才で人気だった。昨年5月に発病後、入退院を繰り返しており、最後の舞台は正月のB1角座新春特別興行だった。相方の寛大は「苦労していた時のことが一番の思………

はな寛太さん(漫才師、はな寛太・いま寛大)が食道がんのため死去より