おくやみ:藤井将雄氏

プロ野球選手、ダイエーの投手
2000年 10月13日 没 享年31 肺がんにより死去

略歴

藤井 将雄(ふじい まさお、本名:藤井 政夫(読み同じ)、1968年10月16日 - 2000年10月13日)は、佐賀県唐津市出身のプロ野球選手(投手)。 炎の中継ぎと称された。 プロ入り前 1968年に福岡市西区今宿に生まれるが、1979年に父母の別居で姉・妹と共に母の出身地である唐津へ転居。母は呼子町の朝市で働き、将雄をはじめ3人の子を女手一つで育てた。なお、藤井の父は別居状態のまま1985年に急病で、美容師となった姉もプロ入り直前の1994年に交通事故で他界している。市立湊中学校から佐賀県立唐津商業高等学校へ進学。学生時代の愛称は、福岡出身で同姓の歌手の藤井フミヤからフミヤ。顔立ち・やや細身のプロポーション故に異性から人気だったとされる。 高校卒業後、日産自動車九州に入り、エースとして活躍する。1994年にはチーム初の都市対抗野球出場とベスト8、社会人野球日本選手権の出場に大きく貢献した。日本代表にも選ばれ、広島アジア大会で金メダルを獲得した。その年、ドラフト4位指名で福岡ダイエーホークスに入団、背番号は「15」に決まった。Wikipediaより