おくやみ:藤原伊織氏

直木賞作家
2007年 5月17日 没 享年59 食道がんにより死去

略歴

藤原 伊織(ふじわら いおり、本名:藤原 利一(ふじわら としかず)、1948年2月17日 - 2007年5月17日)は、日本の男性作家。大阪府大阪市出身 経歴・人物 大阪府立高津高等学校、東京大学文学部フランス文学科卒業。電通に勤務する。1977年、「踊りつかれて」で野性時代新人文学賞佳作を受賞(藤原利一名義)。 1985年、『ダックスフントのワープ』で第9回すばる文学賞受賞する。その後、原稿依頼を断っているうちに注文が来なくなり、発表が途絶える。1995年、ギャンブルでかさんだ借金の返済のため、賞金1000万円を目当てに『テロリストのパラソル』を江戸川乱歩賞に応募し、受賞する。翌年、同作で直木三十五賞も受賞した。それまでに乱歩賞受賞作が直木賞の候補になったことや、乱歩賞受賞作家が直木賞を受賞した例はあったが、同一の作品で二賞を受賞したのは史上初であった。 2002年、電通退社。 2007年5月17日、食道癌のため東京都品川区の病院で死去。2005年には癌に侵されていることを公表していた。享年59。 作品リスト 『ダックスフントのワープ』(1987年2月 集英社 / 1990年3月 集英社文庫 / 2000年11月 文春文庫) 収録作品:ダックスフントのワープ / ネズミ焼きの贈りもの / ノエル / ユーレイ 『テロリストのパラソル』(1995年9月 講談社 / 1998年7月 講談社文庫 / 2007年5月 角川文庫 / 2014年11月 文春文庫) 1996年、フジテレビ金曜エンタテイメント枠にて萩原健一主演でテレビドラマ化。Wikipediaより

訃報

 ハードボイルド小説「テロリストのパラソル」などで知られる直木賞作家の藤原伊織(ふじわら・いおりさん、本名利一=としかず)が07年5月17日午前10時14分、食道がんのため東京都品川区の病院で死去した。59歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は妻真知子(まちこ)さん。  05年に食道がんと分かり、告知の様子などを小説誌に発表。闘病中も小説を書き続け、今年1月には「ダナエ」を刊行し………

藤原伊織さん(直木賞作家)が食道がんのため死去より