おくやみ:杉山登志氏

CMディレクター
1973年 12月12日 没 享年37 自殺により死去

略歴

杉山 登志(すぎやま とし、1936年8月7日 - 1973年12月12日(12月13日と書かれる場合が多いが、誤り))は、日本のCMディレクターである。本名は、杉山 登志雄(すぎやま としお)。 テレビ草創期から数多くのテレビCMを製作し、国内外の賞を数多く受賞。天才の名をほしいままにしたが、自らのキャリアの絶頂にあった1973年12月12日、東京都港区赤坂の自宅マンションで首を吊って自殺した。まだ37歳の若さだった。 年譜 1936年(昭和11年)5人兄弟の次男として日本統治下の韓国の釜山に生まれる。 1952年(昭和27年)大成高校に進学。 1955年(昭和30年)日本大学芸術学部美術学科に入学。 1958年(昭和33年)日本天然色映画株式会社に入社。 1960年(昭和35年)文化シヤッターの「三匹のこぶた」でテレビCMを初ディレクション。 1961年(昭和36年)「第1回ACC CMフェスティバル」において、登志のディレクションした森永製菓「チクレガム」のCMが銀賞を受賞。Wikipediaより