おくやみ:久保寺雄二氏

プロ野球選手、南海ホークスの内野手
1985年 1月4日 没 享年26 急性心不全により死去

略歴

久保寺 雄二(くぼでら ゆうじ、1958年7月18日 - 1985年1月4日)は、静岡県三島市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。 来歴・人物 静岡商業高校時代は、1年生時に1974年夏、2年生時に1975年春の甲子園に出場し、共にベスト8へ進出。同期に大石大二郎(のち近鉄)がいた。1974年夏の甲子園出場時にはエースとして2学年上に高橋三千丈(のち中日)がいた。 1976年のドラフト2位で南海ホークスに入団。1980年に初めて規定打席に到達し、リーグ最多の29二塁打を記録。1984年に藤原満がつけていた背番号7を受け継ぎ、細身な身体で三塁手としてしばしば美技を見せた。 だが成長が期待され、プロ10年目のシーズンを迎えようとした矢先の1985年1月4日未明、帰省先の実家で就寝中に体の不調を訴え、救急車で近隣の病院に運ばれたが手当の甲斐もなく、急性心不全で急逝。26歳の若さだった。戒名は「觀譽盛鷹雄俊信士」(かんよせいおうゆうしゅんしんし)。葬儀では大石が友人を代表し、号泣しながら弔辞を述べた。久保寺の入団当時の二軍監督でもあった南海の監督穴吹義雄は、特に彼の死を残念がっていた。Wikipediaより