おくやみ:木田高介氏

ミュージシャン、編曲家、プロデューサー
1980年 5月18日 没 享年32 交通事故により死去

略歴

木田 高介(きだ たかすけ、1949年1月8日 - 1980年5月18日)は、鍵盤楽器、弦楽器、管楽器、打楽器など、多様な楽器を扱うミュージシャンであり、編曲家。本名は桂 重高(かつら しげたか)。 新潟県に生まれる。新潟県立新潟高等学校卒業後、東京藝術大学打楽器科に入学。 在学中に、ジャックスに参加した。ジャックス解散後は、編曲家となり、「出発の歌」(上條恒彦)、「神田川」(かぐや姫)、「私は泣いています」(りりィ)「結婚するって本当ですか」(ダ・カーポ)など数々のヒット曲を手掛ける。 1975年から1980年の間ザ・ナターシャー・セブンに参加した。その後、ソロ活動を始めた矢先、交通事故で死去した。 ザ・ナターシャー・セブンに参加していた頃は木田たかすけと称していた。 活動の記録 1967年 - 1969年 ジャックス 1967年、早川義夫をリーダーとするジャックスに参加。ドラム、サックス、フルート、ヴィブラフォンを担当。 1969年 - 1974年 編曲家 ジャックス解散後は、六文銭に一時在籍した後、CBSソニー、東芝EMIを中心にアレンジ、プロデュース業を幅広く手掛ける。Wikipediaより