おくやみ:大場政夫氏

プロボクサー、WBA世界フライ級王座を連続5度防衛
1973年 1月25日 没 享年23 交通事故により死去

略歴

大場 政夫(おおば まさお、男性、1949年10月21日 - 1973年1月25日)は、日本のプロボクサー。東京都墨田区出身。スタイルはオーソドックス。第25代WBA世界フライ級王者。 WBA世界フライ級王座を5度防衛した。現役世界王者のまま事故死したため「永遠のチャンプ」と称される。 東京都足立区立寺地小学校卒業。 東京都足立区立第六中学校卒業。 ギャンブル好きの実父の影響で家計は苦しく極貧の環境で育つ。しかしプロボクシングファンだった実父の影響で、小学生の頃から「プロボクシングで世界王者になり、両親のために家を建てよう」と人生の目標を設定していた。 義務教育が終了した直後の1965年6月1日に、帝拳ジムに入門。担任トレーナーは桑田勇。 入門当初は身長160cm、体重48kgと貧弱で周りからはプロボクサー向きかどうか疑問視されていた。 1966年11月7日、渡辺和喜(金子)に1回KO勝ちでプロデビュー。 1967年6月16日、谷正和(塚原)に4回判定負け、初黒星。 1967年9月3日、譲康雄(中村小田原)に4回判定勝ち。Wikipediaより