おくやみ:座光寺公明氏

ミュージシャン、作曲家、ピアニスト
1987年 1月29日 没 享年29 急性心不全により死去

略歴

座光寺 公明(ざこうじ ひろあき、1958年1月20日 - 1987年1月29日)は、日本の作曲家、ピアニスト。 東京生まれ、4歳より20歳まで北海道旭川市で育つ。ピアノを4歳から習い始める。小学校の学芸会では、ピアノ演奏や合唱の指揮をしていた。その頃見たテレビ番組『レナード・バーンスタインの世界』に感動し、心の中で指揮者に成ろうと思い始める。北海道旭川東高等学校1年生の春、指揮の勉強をする為に旭川から札幌まで通い、木村雅信に作曲を習い始める。そのうち作曲という創作の魅力に取り付かれて、作曲家に成ろうと決心する。 日本大学芸術学部音楽学科(作曲コース)卒業。同研究所修了。作曲を貴島清彦、小倉朗、ピアノを松谷翠、星野すみれに師事。日本大学鶴ヶ丘高等学校の講師を務めながら、20代前半より作曲家、ピアニストとして活発な活動を始め、1982年東京・新和楽コンソートを結成。『日本の作曲家 I ・松村禎三』、『日本の作曲家 II ・小倉朗』、『日本の作曲家 III ・間宮芳生』、『20世紀の音楽 I・II・III・IV』、『座光寺公明作品展 I・II・III』等を催す。Wikipediaより