おくやみ:ジャンヌ・カルマン氏

世界最高齢
1997年 8月4日 没 享年122

略歴

ジャンヌ=ルイーズ・カルマン(Jeanne-Louise Calment、1875年2月21日 - 1997年8月4日)は、人類史上(確実な証拠がある中で)最も長生きをした人物である。フランス人女性であるカルマンは122年と164日間生き、確実な証拠がある中で大還暦(120歳)を迎えた史上唯一の人物である。同じ年に生まれた著名人として、作曲家のモーリス・ラヴェル、心理学者のカール・グスタフ・ユング、作家のトーマス・マンなどがいる。 生涯 ジャンヌ・カルマンは1875年2月21日にフランスのアルルに生まれた。1876年の国勢調査で1歳と記録されている。彼女の両親の間には4人の子がおり(長女マリー、次女アントワーヌ、長男フランソワ及び三女ジャンヌ)、マリーとアントワーヌは幼少期に亡くなっている。 カルマンの記憶によると1888年、13歳の時に、当時アルルに来ていて父親の店に絵の具と鉛筆を買いに来た画家のフィンセント・ファン・ゴッホに出会ったという。Wikipediaより