おくやみ:泉重千代氏

世界最長寿、江戸時代生まれの最後の生存者
1986年 2月21日 没 享年120 肺炎により死去

略歴

泉 重千代(いずみ しげちよ、1865年8月20日? - 1986年2月21日)は、鹿児島県徳之島(大島郡伊仙町)出身の男性で、1995年までギネスブック公認の人類の世界最長寿、2012年まで男性としての世界最長寿とされていた人物。慶応元年6月29日(1865年8月20日)生まれの120歳とされてきたが、後述の通り、この日付には疑問が提出されている。 泉重千代は、1976年に存命の日本最長寿という扱いになり、1979年にはギネスブックで世界最長寿と認定された。後に世界最長寿人物の記録はフランス人の女性ジャンヌ・カルマン(1875年 - 1997年、122歳164日没)によって更新されたが、男性としての世界最長寿人物記録は保持していた。 1955年以降、世界最高齢であった期間が最も長い人物であるともされていた。また、江戸時代生まれの最後の生き残りとされていた。 長寿世界一とされてからはマスコミで報道される有名人となり、存命中の泉重千代邸には観光バスも訪れる徳之島の観光資源になっていた。Wikipediaより