おくやみ:天野可淡氏

人形作家
1990年 11月1日 没 享年37 交通事故により死去

略歴

天野 可淡(あまの かたん、1953年 - 1990年11月1日)は、人形作家。創作球体関節人形で耽美表現を始めた。女性。 1953年、東京都世田谷区に生まれる。 1962年、東映児童研究所第四期生となる。 1974年、女子美術大学在学中より人形制作開始。 1981年、銀座小松アネックス「更染沙ギャラリー」を皮切りに個展を開始する。 1988年、ドールスペース・ピグマリオンのスタッフとなり、代表者であり人形作家である吉田良一(現在、吉田良に名前改め)とともに活動を続ける。 1990年、オートバイによる交通事故にて逝去。作品集としては、1989年に「KATAN DOLL」、1990年に「KATAN DOLL fantasm」、1992年に「KATAN DOLL RETROSPECTIVE」の三冊がトレヴィルより出版されている(写真撮影は吉田良一)。Wikipediaより