おくやみ:ポール牧氏

コメディアン
2005年 4月22日 没 享年63 自殺により死去

略歴

ポール牧(ポールまき、1941年8月2日 - 2005年4月22日)は、日本のコメディアン、タレント、元僧侶。北海道天塩郡天塩町出身。実家は曹洞宗寺院。北海道天塩高等学校卒業。血液型はAB型。 本名は榛澤一道(はんざわ かずみち)。僧名は熈林一道(きりん いちどう)。 関武志とともにコント・ラッキー7を結成し人気を博した。リズム良く指を鳴らす「指パッチン」で知られた。 1951年(昭和26年) - 10歳で得度。 1956年(昭和31年) - 高校卒業後、秋田県大館市の禅寺で修行。 1958年(昭和33年) - 還俗して上京。 1962年(昭和37年) - 芸能界デビュー(放送作家はかま満緒の弟子として萩本欽一と同期)。 1968年(昭和43年) - 関武志と「コント・ラッキー7」を結成。 1975年(昭和50年) - 東京新喜劇を立ち上げる。 1984年(昭和59年) - 関の死去によりコンビ解散。 1996年(平成8年) - 9月30日、兄の死去をきっかけとして静岡県袋井市の萬松山可睡斎で再得度。Wikipediaより

訃報

 指パッチン芸で一世を風靡(ふうび)したタレントのポール牧(まき)さん(63、本名・榛沢一道=はんざわ・かずみち)が05年4月22日午前5時前、東京・新宿のマンション前で倒れているのが発見され、間もなく死亡が確認された。警視庁は自室の9階ベランダから飛び降り自殺したとみている。遺書はないが、最近は仕事を求め、うつ病にも悩んでいたという。コントそのままのバイタリティーあふれる生きざまで話題を集め………

ポール牧さんが飛び降り自殺より