おくやみ:大神武俊氏

元南海ホークス投手
2003年 1月16日 没 享年70 胃がんにより死去

略歴

大神 武俊(おおがみ たけとし、1932年11月1日 - 2003年1月16日)は、福岡県出身のプロ野球選手(投手)。 来歴・人物 博多工から東洋高圧大牟田、南海土建を経て、1952年に南海ホークスへ入団。この年、8勝を挙げ、巨人との1952年の日本シリーズでは、新人投手にもかかわらず、第1戦の先発に抜擢された(大神以後、日本シリーズ第1戦に先発登板した新人投手は、楽天の則本昂大が2013年の対読売ジャイアンツ戦に先発登板するまで61年間に亘って現れなかった。)。 1953年に19勝8敗を記録、勝率.704で最高勝率のタイトルを獲得。1956年に引退。 引退後に、九州朝日放送(KBC)野球解説者、福岡大学硬式野球部監督(1969年〜1974年)を務めた。 2003年1月16日に胃癌で死去。70歳没。 詳細情報 年度別投手成績 各年度の太字はリーグ最高 タイトル 最高勝率:1回 (1953年) 背番号 28 (1952年 - 1956年) 記録 1イニング与死球:4(1953年8月11日、対近鉄パールス戦) 当時の日本プロ野球記録。Wikipediaより

訃報

 大神武俊氏(おおがみ・たけとし=元南海ホークス投手)03年1月16日、胃がんのため福岡市内の福岡大学病院で死去、70歳。博多工から東洋高圧大牟田―南海土建を経て52年に南海に入団。翌53年には19勝8敗で勝率1位に輝いた。実働5年で130試合に登板、44勝21敗、防御率2・59。退団後は福岡大硬式野球部監督を務めた。通夜は18日午後5時から福岡市早良区飯倉2の1の4、ベルコシティホール飯倉で。………

大神武俊氏(元南海ホークス投手)が胃がんのため死去より