おくやみ:吉村道明氏

元プロレスラー
2003年 2月15日 没 享年76 呼吸不全により死去

略歴

吉村 道明(よしむら みちあき、1926年9月19日 - 2003年2月15日)は、日本のプロレスラー。日本プロレス界の黎明期を支えた一人。火の玉小僧と呼ばれた。 現役引退後は、近畿大学相撲部顧問として後進の指導にあたった。岐阜県岐阜市出身。 プロレス界での活躍 14歳で大日本帝国海軍の志願兵となり、海軍通信学校高等科練習生を5番の成績で卒業。太平洋戦争に出兵。シンガポール駐留中に海軍相撲で活躍、終戦後に近畿大学へ入学し、相撲部に入部。学生横綱(1949年、史上2人目となる大学1年での優勝)、国民体育大会個人優勝など輝かしい実績を残す。 大学卒業後の1954年4月、大阪を本拠地として活動していた全日本プロレス協会(山口利夫が設立。ジャイアント馬場の全日本プロレスとは無関係)へ入団。1956年に全日本プロレス協会は崩壊するが、力道山にスカウトされて1957年5月に日本プロレスへ移籍する。移籍前の同年4月8日、初代選手権者の駿河海を下して日本ジュニアヘビー級王座を獲得した。Wikipediaより

訃報

 力道山やジャイアント馬場と一時代を築き、芸術的な「回転エビ固め」で人気を集めた吉村道明氏が03年2月15日午前6時35分、呼吸不全のため神戸市北区の病院で死去していたことが17日、分かった。76歳だった。遺族の意思で、葬儀・告別式は身内だけで営まれた。近大相撲部の時代に学生横綱となり、卒業後プロレス入り。「火の玉」「闘将」「突貫小僧」の呼び名でファンに愛された。73年引退後は母校近大相撲部の………

吉村道明氏(元プロレスラー)が呼吸不全のため死去より