おくやみ:隅谷三喜男氏

東大名誉教授
2003年 2月22日 没 享年86 多臓器不全により死去

略歴

隅谷 三喜男(すみや みきお、1916年(大正5年)8月26日 - 2003年(平成15年)2月22日)とは、日本の経済学者。専門は労働経済学。1982年日本学士院会員。東京大学名誉教授、北京大学名誉教授、遼寧大学名誉教授、東北師範大学名誉教授、中国社会科学院名誉高級研究員。昭和36年、東京大学経済学博士。博士論文は「日本賃労働史論」。キリスト教功労者。 生涯 東京府東京市麻布区麻布谷町(現在の東京都港区六本木)生まれ。東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)卒業。同中学4年時に洗礼。1934年第一高等学校文科甲類入学。同高在学中には寮総代会議長等を務めた。1937年東京帝国大学経済学部入学。1940年治安維持法違反容疑で3ヶ月間の拘留を受ける。1941年東京帝大卒業。 大学卒業後は、社会の底辺で働きたいという希望から満州の昭和製鋼所に勤務。ここで五味川純平と出会い、満州労働問題の研究に従事することになる。1946年帰国し東京帝大経済学部助手就任、以降研究者としての道を歩む。 1947年東京大学経済学部講師、1948年同助教授、1955年同教授。Wikipediaより

訃報

 成田空港問題で国と反対派の間に立ち、対決から和解への路線を築いた東大名誉教授、隅谷三喜男氏(すみや・みきお)が03年2月22日午前9時5分、多臓器不全のため東京都新宿区の病院で死去した。86歳。東京都出身。自宅は東京都世田谷区代田4の34の12。葬儀は密葬として25日に近親者だけで行う。告別式は3月1日午後1時から東京都杉並区善福寺2の6の1、東京女子大講堂で。喪主は妻優子(ゆうこ)さん。

隅谷三喜男氏(東大名誉教授)が多臓器不全のため死去 より