おくやみ:桑原潤氏

ヤクルト前オーナー
2003年 2月26日 没 享年72 肝不全により死去

略歴

桑原 潤(くわはら じゅん、1930年3月1日 - 2003年2月26日)は、ヤクルトスワローズのオーナーを務めた日本の実業家。 来歴・人物 福岡県大牟田市出生。三池高校・熊本大学工学部卒業。熊本県出身。1988年4月からヤクルト本社社長に就任(1996年6月まで)。この頃から病気療養中だった球団の松園尚巳オーナーに代わり、球団業務を取り仕切るようになり、1989年10月、長年Bクラスに低迷するチームの体質改善のため野村克也を監督に招聘し、自身は球団オーナー代行に就任。1991年3月からは正式に球団オーナーに就任し、野村監督をバックアップ。 セ・リーグ優勝4回、日本一3回のヤクルトの黄金時代の礎を築いた。しかし、1998年3月、ヤクルト本社がデリバティブ(金融派生商品)取引など財テクの失敗で多額の損失を出したため本社会長を引責辞任。同年6月に球団オーナーの座も退いた。その後はヤクルト・バイオサイエンス研究財団の理事長を務めていた。 2003年2月26日、肝不全のため東京都渋谷区の自宅で死去。72歳没。 エピソード 1995年3月下旬の激励会でヤクルトスワローズのオーナーだった桑原は、野村克也監督(当時)、コーチ陣、全選手、ヤクルト担当記者を前にして、「おそらく野村監督も今季が最後だろうと思いますので…。Wikipediaより

訃報

 ヤクルト本社前社長でヤクルト球団のオーナーを務めた桑原潤氏(くわはら・じゅん)が03年2月26日午後2時24分、肝不全のため東京都渋谷区の自宅で死去した。72歳。熊本県出身。葬儀・告別式は3月1日午前10時半から東京都文京区大塚5の40の1、護国寺桂昌殿で。喪主は妻和子(かずこ)さん。

桑原潤氏(ヤクルト前オーナー)が肝不全のため死去 より