おくやみ:小坂秀二氏

相撲評論家
2003年 4月6日 没 享年85 胃がんにより死去

略歴

小坂 秀二(こさか ひでじ、1918年3月16日 - 2003年4月6日)は、日本の歯科医、相撲評論家、著作家、アナウンサー。 東京府東京市本所区(現・東京都墨田区)出身。東京高等歯科医学校卒業。 東京高等歯科医学校を卒業後、歯科医となる。太平洋戦争で軍医として徴用され終戦まで中国の陸軍病院に勤務。NHK・TBSで相撲等でスポーツアナウンサーとして活躍。1974年にアナウンサーを引退。1975年に歯科医に復帰後は、相撲評論家・著作家としても活動し、「柏鵬時代」の命名者でも知られる。歯科診療所長を経て、自宅に総合医事研究所を開設し所長に就任し、患者の悩み事相談を受け付け、患者・医師会・厚生労働省(厚生省)の意志疏通を図った。 生涯 幼年期から相撲になじみ、学生時代が双葉山の全盛と重なっていたこともあって、さらに没頭する。東京高等歯科医学校時代、翌日に大事な試験を控え猛勉強中に「双葉山70連勝ならず!」の一報が入り、その衝撃で試験のことが頭に入らなくなり、翌日、追試験覚悟で臨んだところ、試験の教授がたまたま相撲好きの人で、「小坂君、双葉山負けたね!」といきなり話をふられ、試験時間の大部分がこの会話に費やされ、あとは簡単な口答試験だけで乗り切ることが出来た、という。Wikipediaより

訃報

  小坂秀二氏(こさか・ひでじ=相撲評論家、元NHK・TBSアナウンサー)03年4月6日午後9時30分、胃がんのため東京都内の自宅で死去、85歳。東京都出身。葬儀は密葬で行う。連絡先は東京都中野区中央5の18の20、冬青社。

小坂秀二氏(相撲評論家)が胃がんのため死去より