おくやみ:宮崎尚志氏

作曲家、多摩美術大客員教授
2003年 5月2日 没 享年68 肺がんにより死去

略歴

宮崎 尚志(みやざき なおし、1934年8月4日 - 2003年5月2日)は、日本の作曲家。東京府出身。多摩美術大学客員教授。 映画、ドラマ、CMなどの音楽や、歌謡曲、校歌、社歌、聖歌など幅広いジャンルの作曲、編曲を手掛けた。生涯に作曲した作品は1万曲を超えており、1日に60曲以上作ったこともあったという。大林宣彦監督の映画に自主制作時代から携わり続けたことや、広島東洋カープ応援歌「それ行けカープ 〜若き鯉たち〜」(作詞・有馬三恵子)を作曲したことで知られる。CM音楽の分野においては、コカ・コーラの初代CMソングなど、作曲した曲がたびたびACC・CMフェスティバルの受賞対象となった。2006年に放映されたコカ・コーラTVCMにも、40年以上前に宮崎が作曲したメロディが使われている。 妻はNHK『おかあさんといっしょ』の2代目うたのおねえさんの中野慶子。子にはミュージシャンの宮崎道、宮崎歩らがいる。 牧師の家に生まれ、5歳の時(1939年)よりピアノを習い始める。Wikipediaより

訃報

 宮崎尚志氏(みやざき・なおし=作曲家、多摩美術大客員教授)03年5月2日午後8時44分、肺がんのため横浜市金沢区の病院で死去、68歳。東京都出身。自宅は神奈川県葉山町堀内1882の7。葬儀・告別式は7日午後1時から東京都世田谷区代沢2の10の11、日本聖公会東京聖三一教会で。喪主は妻慶子(けいこ)さん。

宮崎尚志氏(作曲家、多摩美術大客員教授)が肺がんのため死去 より