おくやみ:頼富本宏氏

仏教学者、元種智院大学長
2015年 3月30日 没 享年70

略歴

頼富 本宏(よりとみ もとひろ、1945年4月14日 - 2015年3月30日)は、日本の仏教学者(密教学専攻)、僧侶(東寺真言宗・実相院住職)。種智院大学密教資料研究所所長・学術顧問。種智院大学名誉教授・元学長。空海研究、曼荼羅思想研究に加え、インド・チベットの密教遺跡の現地調査も数度行っている。 来歴・人物 香川県出身。京都大学大学院文学研究科(仏教学)博士課程満期退学。1988年「密教仏の研究 文献・美術遺品両面からの研究」で京都大学文学博士。種智院大学講師、助教授、教授、国際日本文化研究センター教授、2002-10年種智院大学学長。2011年種智院大学を定年退職、名誉教授及び同大学学術顧問。 1982年に朝日学術奨励賞、1995年に密教学芸賞をそれぞれ受賞。 2015年遷化。 お寺は実相寺です。神戸市灘区にあります。県立神戸高校の南。王子動物園の北にあります。訂正しておきます(^^) 著書 単著 『中国密教の研究 般若と賛寧の密教理解を中心として』大東出版社 1979 『庶民のほとけ 観音・地蔵・不動』日本放送出版協会〈NHKブックス〉1984 『マンダラの仏たち』(東京美術選書) 1985 『密教寸描』大東出版社 1986 『密教―悟りとほとけの道』講談社現代新書 1988  『密教とマンダラ その万華鏡的世界』(日本放送出版協会、1990)。Wikipediaより