おくやみ:ジョン・レンボーン氏

イギリスのギタリスト、作曲家
2015年 3月26日 没 享年71

略歴

ジョン・レンボーン(John Renbourn, 1944年8月8日 - 2015年3月26日)は、イギリスのギタリストであり作曲家。ペンタングルにおける活動、ならびに、バート・ヤンシュとの共演は有名。また、バンド活動(1967 - 1973)以前より、またバンド活動中も並行して、ソロ活動を続けていた。 一般にフォークミュージシャンとされているが、古楽、クラシック音楽、ブルース、民族音楽に関心を持ち、音楽性もそれを指向している。代表作「Sir John Alot」(1968)では中世の楽曲を取り上げている。 2015年3月26日にスコットランドの自宅で心臓発作で死去した。70歳であった。 活動の記録 初期 ジョン・レンボーンはロンドンのメリルボーンで生まれる。学校でクラシック・ギターを勉び、この間に古楽の手ほどきを受けた。が、1950年代のスキッフルの大流行に他のミュージシャン達と同様に大きな影響を受け、遂にはレッドベリー、ジョッシュ・ホワイト(Josh White)、ビッグ・ビル・ブルーンジーらの活動を追い始めた。Wikipediaより